瀬戸熊直樹プロの一手

投稿者:馬場 裕一   [ 2011/11/21 10:36 ]

●東4局●東家●5巡目

麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌 ツモ麻雀 牌 ドラ麻雀 牌


先月、日本プロ麻雀連盟のGⅠタイトル、第28期十段戦が終了いたしました。

優勝したのは瀬戸熊直樹さん。

瀬戸熊さんは現・鳳凰位でもあるので(しかも連覇中!)プロ連盟が誇る伝統と格式の2大タイトルを独占する形になったわけです。

もはや「連盟最強のプロ」の座を得たといっても過言ではないでしょう。

瀬戸熊さんと初めてお会いしたのは10年以上も前ですか。

当時、若手プロの研鑽の場だった「麻雀棋士奨励会」というサークルがありました。

そこに僕は、面識のない瀬戸熊さんを招待したのです。

東京経済大学を出てサラリーマンになったのに、麻雀に魅せられ、結局会社を辞めてプロ雀士の道に入ったという、当時としては異色の経歴に興味をそそられたからであります。

案の定というべきか、彼は初対面のときから礼儀正しい好青年でした。

さすが社会人経験者は違うなあ、と妙に感心したことを覚えています。

その後は伊藤優孝さん(プロ連盟副会長)を通じて、徐々に交流が深まり、昨年までは漢塾で麻雀を打ち合ったりもしていました。

[注]漢塾とは伊藤優孝さんが主宰する麻雀研究会

その漢塾でのこと。

僕が西家で、次のホンイチのテンパイ。

麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌 ポン麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌 ドラ麻雀 牌

カン[二筒]待ちです。

ここに10巡目、引いてきた牌が[一筒]。

麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌 ポン麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌 ツモ麻雀 牌

場に出ている関連牌は[一筒]が1枚、[二筒]が2枚、[四筒]はション牌、[七筒]が1枚という状況。

[五筒]を切れば[四筒][七筒]待ちになりますが、僕はノータイムで打[六筒]、変則3面待ちに受けました。

この後[三筒]か[四筒]を重ねてのトイトイの変化をにらんだのです。

そこへ対面の親の瀬戸熊さんがビシッ!と[八筒]を強打!

さらに次巡[四筒]をビシッ!と横に曲げて、

瀬戸熊「リーチ!」

こちらも負けじと危険牌を次々にビシッ!ビシッ!強打。

しかし結果は――

瀬戸熊「ツモ!」

麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌 ツモ麻雀 牌 ドラ麻雀 牌

裏ドラが[八索]で親ッパネ、6000オールのアガリに仕上げられたのでした。

ここでポイントなるのがリーチ宣言牌の[四筒]。

瀬戸熊さんは、

麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌

この形から[四筒]を横に曲げたのです。

[四筒]を切れば三色のテンパイになるのはわかります。

だけど親番、しかも対面(僕です)はピンズのホンイチ。

勝負するにしても[一筒]を切るという人が多いんじゃないかなあ。

[四筒][七筒]のほうが危険筋だし、実際その待ちにも受けられたのです。

しかし瀬戸熊さんは強い意志で三色を選択、結果的に僕への放銃を回避しただけでなく、僕のアガリ牌でもある[二筒]で親ッパネをものにしたのでした。

これが瀬戸熊さんの麻雀なのです。

やがて、この打ち筋は、漫画家の片山まさゆきさんから「暴君」と名付けられるまでに至ったのです。

それでは暴君・瀬戸熊プロの打ち筋をもう1局。

麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌 ツモ麻雀 牌 ドラ麻雀 牌

東4局の東家です。

ご覧のように好形のイーシャンテン。

そこへ5巡目に[七索]を引いてきました。
この時点で各家の持ち点は次のとおり。

東家  55500点
南家  39200点
西家  16200点
北家   9100点

東家の瀬戸熊さんのダントツ状況。

そこへの[七索]ツモです。

好形のイーシャンテンが、さらなる好形へと変化したのですから、誰だって[六索]に手をかけることでしょう。

ところが瀬戸熊さんの選択は違いました。

先の手牌から何と打[五万] (◎-◎;)

チンイチ狙いにむかったのですw(°0°)w

(ダントツという)状態が良い時だからこそ最高形を目指す、いかにも瀬戸熊さんらしい一打といっていいでしょう。

結果もお見事なもので、7巡目に[四索]、9巡目に[八索]、10巡目に[四索]と引き込んであっという間にメンチンのテンパイ。

あっさり[七索]をツモりあげて6000オール。

他家3人の戦意を喪失させたのでした。

麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌 ツモ麻雀 牌

ダントツだからといって守りに入らない。

ダントツだからといって妥協しない。

むしろダントツだからこそ、さらに重量級の手作りを目指す。

暴君・瀬戸熊の麻雀は、その美学と共に、多くの麻雀ファンのハートをがっちりつかんだのでありました。


最終更新:2011年11月21日 10時52分

< 前の記事:佐藤かづみプロの一打 次の記事:佐々木寿人プロの一手 >

コラム担当者
馬場 裕一
馬場 裕一
(ばば ひろかず)
Web http://blog.livedoor.jp/biglipbabby/
■コメント

ライター。
立教高校時代、友人とともに「麻雀白虎隊」を結成。立教大学時代には東京六大学麻雀リーグに出場し、当時明治大学代表選手だった片山まさゆき氏と出会う。以後、ライターとして活躍すると同時に、片山氏の漫画作品中で「ババプロ」「バビィ」といった愛称で特異なキャラクターとして描かれ、そのキャラが定着。片チン&バビィのコンビで数多くの麻雀企画に登場する。「バカヅキハリケーン」「バカヅキタイフーン」(竹書房刊)「バビィの麻雀捨て牌読み」「バビィの麻雀特訓コース」(毎日コミュニケーションズ刊)など著書多数。
GPC副代表。

RSSRSS

記事一覧