加賀まりこさんの一打

投稿者:馬場 裕一   [ 2010/09/27 10:34 ]

●東2局●北家●5巡目●+17100点のトップ

ツモドラ



つい昨日のことですが、女優の加賀まりこさんからお葉書が届きました。

「12月楽しみにしています」

12月とは毎年恒例の正月特番「麻雀バトルロイヤル2011」(MONDO21)が収録される日。

実は今回のバトルロイヤルで、僕は2年ぶりに加賀さんとチームを組むことになったのです。

わざわざお葉書くださるなんて恐縮至極(;^_^A

本来なら、僕のほうから「よろしくお願いしますm(__)m」とご挨拶させていただくのが筋なのに……加賀さん、申しわけございません。

ご存知の方も多いと思いますが、加賀さんは芸能界を代表する雀豪。

「女優」に限定すればダントツでナンバーワンでしょう。

その「男前」の打ち筋に惚れ込んでしまう麻雀ファンも少なくありません。

2年前のバトルロイヤルも凄かった。

3回戦(副将戦)東2局の北家で、7巡目にこのテンパイ↓

  ドラ

メンホン三暗刻トイトイ 中 ……というよりツモり四暗刻!(οдО;)

リーチでもかまわないと思ったんだけど、なぜか加賀さんはヤミテン。

そして二階堂亜樹プロから 東 が出てロン。

倍満のアガリをものにしたのです。

対局終了後、僕は加賀さんに尋ねました。

僕「何でリーチしなかったんですか?」

これに対する加賀さんの答が、まことに「男前」でした!(^^)v

加賀「男子(森山茂和プロ&佐々木寿人プロ)から出たら見逃そうと思っていたので……本当はツモりたかったんだけどね(笑)」

バトルロイヤルはチーム対抗戦。

このとき2回戦を終了して亜樹プロがいる「女流モンド」チームがトップを走っていたのです。

つまり加賀さんは自分のチームのために、亜樹プロを狙い撃ちしたのであります。

すごい!

出アガリ倍満にかかわらず、男子プロから出たらスルーつもりだったなんて……いやあ~、惚れてまうがな~!(≧▼≦)

今年のバトルロイヤルで、再び加賀さんとチームを組めるなんて、マジに嬉しいです(^-^) 


では、ここで昔観てビックリした加賀さんの打ち筋を紹介しましょう。

ツモドラ

東2局の北家です。

この時点で+17100点のダントツ状況。

そこへ5巡目に 四筒 を引いてきました。

さて、あなたなら何を切りますか?

形は良くありませんが、一応イーシャンテンはイーシャンテンなので 四筒 をツモ切るという人も少なくないでしょう。

けれど加賀さんは少考した後、なんと 七万 に手をかけたのです( ̄□ ̄;)!!

ちなみに場に 八万 は1枚しか出ていません( 三万 も場に1枚)。

ペンチャンを残してカンチャンを嫌い、しかもリャンシャンテンに戻す――加賀さんはいったい何を狙おうとしたのか。

僕の推察では、トイツ系の手役を意識されたのではないでしょうか。

一万 二万 はペンチャン形と見ていたのではなく、おそらくとイツになってほしい牌として残したと思われます。

しかし結果は驚くべきものでした。

2巡後にドラの 発 を重ねて打 九万 。

次にペン 三万 を引いてテンパイ↓

ツモドラ

加賀さんは迷わず 四筒 を横に曲げて即リーチ。

そして安目(?)ながら、あっさり 八竹 をツモ。

ツモドラ

しかも、この 八竹 が裏ドラでハネ満のアガリに化けちゃったのです!w(°0°)w

ダントツの上にさらに12000点を加点して、加賀さんは圧勝したのでした。

皆さんも一度、加賀さんの「男前麻雀」をご覧になってください。

その場で「惚れてまうがな~!(≧▼≦)」になることは必至ですよ!

最終更新:2011年6月7日 11時01分

< 前の記事:風間杜夫さんの一打 次の記事:森山茂和プロの一打 >

コラム担当者
馬場 裕一
馬場 裕一
(ばば ひろかず)
Web http://blog.livedoor.jp/biglipbabby/
■コメント

ライター。
立教高校時代、友人とともに「麻雀白虎隊」を結成。立教大学時代には東京六大学麻雀リーグに出場し、当時明治大学代表選手だった片山まさゆき氏と出会う。以後、ライターとして活躍すると同時に、片山氏の漫画作品中で「ババプロ」「バビィ」といった愛称で特異なキャラクターとして描かれ、そのキャラが定着。片チン&バビィのコンビで数多くの麻雀企画に登場する。「バカヅキハリケーン」「バカヅキタイフーン」(竹書房刊)「バビィの麻雀捨て牌読み」「バビィの麻雀特訓コース」(毎日コミュニケーションズ刊)など著書多数。
GPC副代表。

RSSRSS

記事一覧