二階堂瑠美プロの一打

投稿者:馬場 裕一   [ 2010/11/01 10:18 ]

●東4局4本場●南家●6巡目●持ち点6800点のラス
ツモドラ


ここ数年の女子プロたちの活躍にはめざましいものがあります。

麻雀のファン層を拡大し、その人口を増やしたのは、明らかに彼女たちの功績です。

男子プロの皆さんは彼女たちに感謝しなければいけないかも(;^_^A

今や女子プロの数は優に150人を超えていると言われています。

その中でスタープレイヤー的存在というか、多くの麻雀ファンから注目を集める選手も何人か誕生いたしました。

雀サクでブログを書いていらっしゃる宮内こずえさんや和泉由希子さんも「スタープレイヤー」であることは間違いないでしょう。

お2人とも老若男女を問わず、人気・知名度ともウナギ登り(^^)v

では、特にマニアック(?)なファンから熱い支持を受けている女子プロは誰か、となると、やはりこの方のお名前しか浮かんできません。

二階堂瑠美さんであります。

なぜ瑠美さんが、マニアックというか、腕に覚えのある麻雀ファンから愛されるのか。

それはおそらく、瑠美さんの「美学」みたいなものが、彼らに感動を与えるからだと僕は思っております。

わかりやすい例をひとつ。

ツモドラ

こういう 四万 を瑠美さんはノータイムでツモ切り。

この後 三万 を引くと迷わず 七竹 を横に曲げてフリテンリーチ。

あっさり高目 一万 をツモってハネ満のアガリに仕上げるのが瑠美さんの麻雀なのです。

そういえば、先日放送されたテレビマッチでも、すっげえ打ち筋を披露してくれました。

ツモドラ

東4局4本場の南家です。

6巡目に対面から 二竹 が出てきたという状況。

瑠美さんは持ち点が6800点しかないダンラス。

さて、あなたならこの 二竹 をポンしますか?

タンヤオが絡めば食い仕掛けてもハネ満になるので、ポンする人も少なくないでしょう。

瑠美さんもポンと仕掛けました。

で、打牌は 九万 かと思いきや、何と瑠美さんが切った牌は 五竹 !(οдО;) 

二竹 をポンして打 五竹 ?

もう、おわかりですね、瑠美さんの狙いはチンイチなどではなく、緑一色なのでしたw(°0°)w

ここからの展開がまた凄い。

七竹 を処理した後、 三竹 をポン。

そして 四竹 四竹 と引き込んで、このテンパイ。

 ポン ポン

フリテンのカン 五竹 待ち(^o^;

そしてついに 八竹 を引いてきた!

 ポン ポン ツモ

待望の緑一色テンパイ!

瑠美さんは 四竹 をアンカン!

しかしリンシャンにいた牌は 七竹 でした。

泣く泣く(?)ツモアガリを宣言する瑠美さん。

 カン ポン ポン ツモ

ちなみにこの 七竹 もフリテンの牌でした。

タンヤオ・チンイチ・リンシャンという素晴らしいハネ満を、渋々アガるなんて芸当をテレビ対局で演じることができるのは、二階堂瑠美さんしかいないでしょう。

それがマニアックなファンたちをシビれさすのです。


最終更新:2011年6月7日 11時02分

< 前の記事:森山茂和プロの一打 次の記事:福本伸行さんの一打 >

コラム担当者
馬場 裕一
馬場 裕一
(ばば ひろかず)
Web http://blog.livedoor.jp/biglipbabby/
■コメント

ライター。
立教高校時代、友人とともに「麻雀白虎隊」を結成。立教大学時代には東京六大学麻雀リーグに出場し、当時明治大学代表選手だった片山まさゆき氏と出会う。以後、ライターとして活躍すると同時に、片山氏の漫画作品中で「ババプロ」「バビィ」といった愛称で特異なキャラクターとして描かれ、そのキャラが定着。片チン&バビィのコンビで数多くの麻雀企画に登場する。「バカヅキハリケーン」「バカヅキタイフーン」(竹書房刊)「バビィの麻雀捨て牌読み」「バビィの麻雀特訓コース」(毎日コミュニケーションズ刊)など著書多数。
GPC副代表。

RSSRSS

記事一覧