使命

投稿者:仲田 加南   [ 2016/10/26 14:33 ]

今期の夕刊フジ杯の開会式が、いつなのかは知っていた。
知りたい情報よりも知らなくていい情報の方が耳に入ってくる。
さほど気にしてないつもりだったが、そう思ってしまうのは、心のどこかで出場できないことを寂しく思っていたのだろう。

しかし、開会式まであと二週間を切った頃、雀サクッTVさんから突然の出場オファーが届いた。
チームメイトは、同期の優木pと吾妻p。
もちろん二つ返事で出場を決めた。


これまで、夕刊フジ杯には4回ほど出させてもらっているが、チーム戦も個人戦も、一度も優勝できていない。
惜しかったことはあるし、たぶんマイナスで終わったことは一度も無いけれど、なんかいまいち勝ちきれていない。

ここに出てくる女流プロ達は、みんなそれぞれ使命があるはずだ。
もちろん、勝つことは誰もが望んでいることだけど、きっとその重みは違う。
いつだって、視聴率を取れるのは若くて可愛い子だし、そんな子らは、負けて悔しがる姿もまた可愛い。
勝負に勝てなくとも、一生懸命やるだけで、しっかり使命は果たせるはず。
スポンサーさんの会社やお店のイメージアップにはちゃんと貢献できるから。


しかし私はどうだろう。
強くなければ、勝たなければ、、、全くなんの価値もない。
別に自虐したい訳ではなく、ホントに心からそう思っている。

頑張るのは当たり前。
結果を出すのが私の使命。

運良く、2連勝スタートではあったが、あと(個人で)6回ある。
全部トップを獲りたい!
無理でも全て連対したい!


多少厳しい目でもいいので、皆様に最後まで見届けていただけたら、と思います。



最終更新:2016年10月26日 14時34分

次の記事:黙示 >

コラム担当者
仲田 加南
仲田 加南
(なかた かな)
所属 日本プロ麻雀連盟
段位 5段
Web http://ameblo.jp/kujira5800/
■タイトル

・女流桜花(第4期)
・新人王戦(第21期)

RSSRSS

記事一覧

病魔2
病魔
終焉
敗因
検証
安定
師走
黙示
使命