夕刊フジ③節

投稿者:優木美智   [ 2016/11/21 13:47 ]

こんにちは(*^^*)
めっきり寒くなってきましたが、みなさんいかがお過ごしですか?
バカは風邪引かないってゆうけども、私は本当に全然風邪ひかないんですよ(笑)
たまに、自分は本当にバカだから風邪ひかないのか本気で心配になることがあります(笑)
冗談はさておき(^^)
先日行われた夕刊フジ杯③は、二回戦目に打たせて頂き、ラスを引いてしまいました(T-T)
チーム、初のラス。
それも素点も一万点以下とゆう大きなラスです。
応援してくださった方やチームメイトには、申し訳ない気持ちで一杯ですが…気を取り直してこの先頑張ります!
今日は、なんでこんな大きなラスを引いてしまったのか、お話したいと思います…(;´・ω・)
対戦相手は、東家から川原プロ(さかえ仙台)南家がわたし、早川プロ(ブル仙台)水口プロ(ハートランドミニ)です。
まず東1局に川原プロからリーチを受けます。ドラは生牌の発でした。私は発を1枚かかえ遠くにチートイツが見えるものの手バラ。
ここは、降りを選択し、川原プロの一人テンパイからのスタートでした。
迎えた一本場。
ここで、私に手が入ります!
7巡目でこの形。
四四五五④④13567白白
ドラは白です。
カン2ソウ払おうかな、何て思ってると、ひょっこり持ってきたのは2!
ここで何切るになります。

東一局一本場8巡目
南家24000点(25000スタート)
四四五五④④123567白白
ドラ白

捨て牌は、上家に三をトイツ落としされ、四自分で2枚場に1枚。五自分で2枚場には0枚。三2枚切れ。六生牌。白生牌。④生牌。
自分の捨て牌には第1打に①6巡目に⑦をツモ切り。

私は、手筋で四を切ったのですが、次のツモが六!
これは痛い…
でもこうなったら仕方ないので五を、切って
白と④のシャンポンでリーチを打ちました。
結果は一発ツモがなんと六!3000 6000スタートのアガリ逃しです…(T-T)
結果は早川プロに追っかけリーチを受け、更に突っ込んできた水口プロがテンパイをいれ、早川プロから1300点をアガリ横移動。
失点こそしなかったものの、このアガリ逃しは痛すぎました…。
④を選べていたら…

東2局、早川プロからリーチが入り、水口プロが放銃。12000点の横移動。
東3、4巡目に私は、おた風の字牌とのシャンポンでリーチのみのテンパイが入り、水口プロからあがりました。
東4局ラス目の水口プロが親で早いリーチ!
わたしの手は、ドラの4を1枚使っているリャンシャンテン。高い手も見えなくないですが、ラス目の親に無筋を何枚も押す勇気が出ずに、やめました。
終局間際に、水口プロがつもりあげ、メンピンツモ表ドラ、裏裏の6000オールをあがります。

トホホ。。。

更に一本場で
早川プロから早いリーチを受けて、この形。

一二三八八八②③③123西西
西家、ドラ二。

リーチには②も③も無筋です。西は場に1枚切れ。

リーチに対して川原プロが五六七でチーをして攻めています。
ここで迷ったものの③を切って追いかけリーチに行くとこの宣言牌の③が仕掛けの川原プロにロン!

二二④⑤⑤⑥⑦567 五六七(チー)
のタンヤオ三色ドラドラに刺さりマンガンの放銃となりました。


あとは、リーチ棒を出したり、細かくツモられ…


オーラスふたりから、ハネマン出アガリ条件で3着の条件がありハネマンが入ったのでリーチを打ちましたがどちらからも出ない上に3人テンパイで二人とも私の待ちの1 4ソウは持っておらず…完全に、東一局のハネマン逃しの流れから抜け出せないまま終わってしまいました(>_<)

ああ、麻雀って本当に天国か地獄だなあ(笑)



とりあえず、さおりんがしっかり、トップと2着でまとめてくれたので(*^^*)
まだまだチームは安泰です!

私も早く貢献します!

あれ、これは前回も言ったような…(^^;


それでは、また来月です\(^^)/



最終更新:2016年11月21日 14時03分

< 前の記事:はじめまして☆ 次の記事:あけまして >

コラム担当者
優木美智
優木美智
(ゆうきみち)
所属 日本プロ麻雀連盟
段位 五段
Web http://ameblo.jp/yukimichi2
■タイトル

・女流桜花 1期(第1期)
・チャレンジカップ 1回(第40回)

RSSRSS

記事一覧