終焉

投稿者:仲田加南   [ 2017/06/20 16:48 ]

今期の夕刊フジ杯、全て終了いたしました。

優勝はアルバンチーム!
おめでとうございます。


私達桜花チームは準決勝で見事に散りました。。。

1回戦は吾妻pが3着。
2回戦は優木pが4着。
そして3回戦は、私が6着www

敗者復活戦に残るにもほぼトップ条件でした。
慎重に進み、平たい状態で南2局の親番をむかえました。
配牌も良く、ここを勝負局にしようと、気合いを入れましたが、思ったよりイーシャンテンが長く、そして入り目も悪く、2段目の終わりにこんなリーチとなりました。
四六(44455577)234
4を切ってのテンパイだし、二も八も切っているので、これ以上の変化を見切りました。
一刻も早くリーチを打つことが大事だと思っていたので、上から打たれた五もスルーしています。
(結果論で言えば、そのチーテンを取って1500点をあがるのが正解でしたね)

ツモれば2600オールで、そこそこなトップ目になります。
裏1枚で4000オール、そうなれば80%くらいトップが決まりそう。

でもまぁ、1枚切れのカンチャンだし、流局で1000点オール貰ってやり直しでもいいかな、と。
誰もこの親リーチに押し返せるはずがないですし。。。

しかしそんなに甘くないですね。
下家の宮内pに、国士で追いつかれ、見事に一発で4枚目の中をキャッチしました(泣)




降りてる二人は警戒してなかったみたいですが、私はリーチ後の宮内pの手出し牌で、かなりの警報が鳴っていました。
テンパイ打の(8)は、切られた音が違いましたし。
私がリーチした時点では、リャンシャンテンくらいだったと思うので、普通なら親リーチで降ろせるんですけどね…。
スイスイとツモが利いてしまったようです。

私のリーチが弱かった、遅かった、というのもありますが、国士に向かった宮内pを褒めるしかありません。
2連勝していて、ほぼ決勝行きは決まっていたのに、逃げずに最後まで戦う姿勢が格好良かったです!

もちろん、悔しいですが、どうせ負けるなら、いっそ清清しい終わりでした(笑)


これまで応援してくださった方々、
応援はしてなくても放送を観てくださった方々、
チームメイトの吾妻p優木p。
夕刊フジ杯スタッフの方々。
そして雀サクッTVの方々。
本当に本当にありがとうございました。


有言実行とならなくてすみませんでした。
とても不甲斐ないです。

しかし、私にとっては、素晴しい経験と思い出しかありません。
配信卓でふてぶてしく4000オールをツモる自分が好きです(笑)



雀サクッTVチームは解散となりましたが、これからもヨロシクお願いします_(._.)_

最終更新:2017年6月20日 16時54分

< 前の記事:敗因 次の記事:病魔 >

コラム担当者
仲田加南
仲田加南
(なかたかな)
所属 日本プロ麻雀連盟
段位 5段
Web http://ameblo.jp/kujira5800/
■タイトル

・女流桜花(第4期)
・新人王戦(第21期)

RSSRSS

記事一覧

病魔2
病魔
終焉
敗因
検証
安定
師走
黙示
使命