豊後葵プロの手牌

投稿者:馬場 裕一   [ 2011/08/24 10:04 ]

●東1局1本場●東家●5巡目

麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌 出る麻雀 牌 ドラ麻雀 牌

先日「夕刊フジ杯争奪・第5期麻雀女王決定戦」の決勝戦が終了いたしました。

何とこの決勝戦の全対局が「ニコ生」で完全実況生中継!

来場者の数はアッと驚く7万人超え!(正確には74566人)

全国の麻雀ファンが見守る中、見事な打ち筋で優勝したのが佐藤かづみプロでした。

佐藤プロ、おめでとう!

彼女の「男前」の麻雀は多くのファンを魅了しました。

そして佐藤プロとは別に、ファンを魅了し(?)注目を集めた選手がいたのです。

その選手というのが豊後葵プロ。

豊後(ぶんご)という名前から、てっきり九州の方かと思ったら、意外にも東京生まれの東京育ち。

ようするに「チャキチャキの江戸っ娘」なわけですね。

実際豊後プロはとてもチャキチャキしております。

天真爛漫というか恐れを知らないというか、とにかく元気で明るくてうるさい。

麻雀で大勝したときは、おそらく彼女の造語でしょうが「ブイター!ブイター!」と大ハシャギ。

そんな豊後プロですから、打ち筋のほうもかなりキャラが立っています。

麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌 ツモ麻雀 牌 ドラ麻雀 牌

南4局の北家で4巡目に 九竹 がトイツになりました。

オーラスを迎えた時点で豊後プロは26700点の2着。

トップの東家とおよそ1万7千点、また3着の西家とは1万1千点の差。

満貫ツモでもトップにはなれないので、通常は2着キープを考えるところでしょう。

しかし豊後プロは違いました。

上図の手牌からノータイムで打 六筒 。

なんとジュンチャン三色作りにむかったのです。

狙いはもちろん逆転トップ。

すると6巡目に 九竹 がアンコになって打 八筒 。

次に 一万 を引いて 四万 を切り、9巡目に 三筒 を引いてイーシャンテン。

麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌

ペン 三竹 か 九万 を引いてテンパイしたいところでしたが、14巡目に引いてきた牌が 一竹 。

麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌 ツモ麻雀 牌

ここで豊後プロは迷わず 二竹 を横に曲げて、

豊後「リーチ!」

高目 九万 は場に2枚切れていて東家が1枚使っているという状況。

にもかかわらず、

豊後「ツモッ!」

麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌 ツモ麻雀 牌

あっさりラス牌の高目をツモりあげたのであります。

しかも、裏ドラがアンコの 九竹 (!)

アッと驚く倍満に化けて、狙い通りトップを逆転しちゃったのですね。

ではブンゴ流の打ち筋をもう1点。

麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌 出る麻雀 牌 ドラ麻雀 牌

東1局の東家です。

ご覧のようにドラの 二万 がトイツで、678の三色が狙えそうな形。

そこへ5巡目に西家から 四竹 が出てきました。

豊後「ポン!」

メンゼン派の印象が強い豊後プロでしたが、このポンにためらいはありませんでした。

四竹 をポンして打 八万 。

すると2巡後に上家から 七竹 が出てきて、

豊後「チー!」

麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌 麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌 チー麻雀 牌

普通はターツ選択に迷うところですが豊後プロはほぼノータイムで打 七万 。

そして 五筒 四筒 と引き込んで12巡目にテンパイ。

麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌 麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌 麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌

すぐ次巡に当たり前のようにドラ 二万 をツモりあげて、

豊後「4000オール!」

本当に元気いっぱい、全身からパワーを噴出させて、今日も豊後プロはドヤ顔で「ブイター!ブイター!」と叫び回っているに違いありません。




最終更新:2011年8月24日 10時33分

< 前の記事:荒正義プロの一打 次の記事:佐藤かづみプロの一打 >

コラム担当者
馬場 裕一
馬場 裕一
(ばば ひろかず)
Web http://blog.livedoor.jp/biglipbabby/
■コメント

ライター。
立教高校時代、友人とともに「麻雀白虎隊」を結成。立教大学時代には東京六大学麻雀リーグに出場し、当時明治大学代表選手だった片山まさゆき氏と出会う。以後、ライターとして活躍すると同時に、片山氏の漫画作品中で「ババプロ」「バビィ」といった愛称で特異なキャラクターとして描かれ、そのキャラが定着。片チン&バビィのコンビで数多くの麻雀企画に登場する。「バカヅキハリケーン」「バカヅキタイフーン」(竹書房刊)「バビィの麻雀捨て牌読み」「バビィの麻雀特訓コース」(毎日コミュニケーションズ刊)など著書多数。
GPC副代表。

RSSRSS

記事一覧